I believe …

ブログ「North Stage」の過去ログ置き場ですが、上演中の舞台のネタバレレポを置くこともあります・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThankCUEファンミーティング2008 12月7日昼の部 レポ

【12月29日 追記】
レポの一部分を訂正・追記しました。



コレを書いている頃には千秋楽公演が行われて居るんだろうなぁ…と思いを馳せつつレポを書いてみました。楽しすぎて記憶飛び飛び+間違いがある可能性ありという拙いレポでは御座いますがこれで雰囲気が伝わって頂ければ幸いです。



以下、ネタバレ多数と長文につき隠します。






~CUE SPECIAL Exhibition~

これはイベントの前に観に行きました。飾られていたモノを羅列していくと、

CDJ2008より
・ミスターがオープニングで着用していたジャージ
・オープニングでメンバーが持っていた小道具(卓球のラケット、サッカーボール、カヌーのオール、こん棒、リボン)
・ドラマ舞台パートより、ケンとタクマの練習着
・尻の穴スパイが着用していた服
・選手入場で使用されていた各チームのフラッグ
・尻の穴総帥の水鉄砲と帽子
・ケンとタクマが着用していたプロレス用のマスクとパンツ
・チョビ髭教官の竹刀
・CUE-1グランプリで着用していた河野君と奈緒美ちゃんのTシャツ
・TEAM☆NACSの衣装と洋ちゃんソロの衣装
・KILLER-Zの衣装とまたがっていた馬
・エンディングで着用していたオフィシャルTシャツ

「HONOR」より
・5人全員の法被
・五作&ちえの衣装
・五作以外の4人が着用していた学生服と小学校時代の衣装
・女装した花男の衣装
・ケンタウロスのかぶり物
・五作のブロンズ像(撮影可能)

「おやG」より
・ビューティーたかとアフターけんの衣装
・「おやG」初版CD
・発売当時の新聞記事

CUE公式で毎月上がっているミスター直筆「今月の社訓」原書

大阪にあるビリケンさんならぬ…ヤスケンさんの銅像とおみくじ(私の結果は中安でした。凶に当たるモノとして永久国内というのもあったようです(笑))

「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」ポスターと「N43°」一般劇場公開用ポスター(撮影可能)

…というのが展示されていました。


その後は1階でグッズを買い、会場へ。今回はD-5テーブルという前から4列目+上手真ん中寄り、という全体が見渡せるもののアップの撮影は難しい席でした;;

開演15分前ぐらいから料理が出始め、次々と食事が運ばれていき慌ただしく食べていました。


~オープニング~

マネージャーTでお馴染みの登君が登壇して撮影に関する注意事項を述べていき、此処で料理に関してのVTRが流れます。今回は11月末に無事北海道フードマイスター検定に合格したリーダーがオリジナルメニューを監修したことと総料理長からのビデオメッセージが流れました。

再び登君が登壇し、この件に関しては後日「あぐり王国」で合否結果をオンエアするため、ご来場のお客さんにはくれぐれもオンエア前に合否結果をネット上などでばらさないで欲しい、という注意事項を述べた後、今度はCDJ2008で話題を呼んだあのThankCUEショッピングでグッズ紹介VTRが流れていきます。登君の登壇を挟み、お次はCDJ2008DVD特典ディスク未収録映像が流れます。

流れたのは、
・「スマッシュヒット LOVE バシーン!」制作の裏側
・「おねがい NACSSUMMER」制作中にて、琢ちゃんべた褒めされる
・「アルバム」完成の瞬間
・ドラマVTR撮影に向かう車内にて
・ドラマVTR撮影にて、シゲちゃんお怒りの様子

VTRが終わると、本物のキャシー小橋と大下安杉が実際に登場。まずはどこから来たのかという簡単な調査へ。海外、沖縄と問いかけていくもののまだ挙手する人は0人。九州、と問いかけるとほんの数名が挙手をしました。逆に、会場から一番近い茨戸、太平、と問いかけていくと此処でもほんの数名が挙手。先ほどのVTRで流れたCDJ2008DVDの宣伝を通販番組風にしていくのですが、その中でよくある「え~」というかけ声を上手側・下手側・真ん中の3つに分けて練習→値段が紹介されました。


~clubThankCUE 幹部登場~

上手側客席入り口からお客さんに扮したくにちゃんと奈緒美ちゃんが登場。ホストクラブの店内を模したメインステージに到着するとオクラホマ・大下君・飯野君が登場。大下君が「眼鏡かけないと顔薄い」という自分の特徴を題材にした替え歌を披露したりして、一人一人自己紹介をしていきました。

客として招かれたお二人はこの4人に不満げな様子…そこでホストカタログを手に取り見始め、まず指名したのは琢ちゃん。歌を歌いながら上手側客席入り口から登場し、ファンを沸かせます。ステージに到着すると、くにちゃんの膝に頭を乗っけて“捌いて欲しい”と思われる一言を。しかし、魚っぽい人ではなくちゃんとした人間(笑)を出して欲しい、という要望に応え、顕さんが下手側客席入り口から登場。ファンにもまれてステージに到着すると変なポーズをし、奈緒美ちゃんの隣に座るとM字開脚をし始めたのですが、4人からつっこまれて無口になってしまいます。

しかしこれでもまだ物足りないというお二人の前に、今度はシゲちゃんが上手側入り口から登場。お客さんを口説いていくかの如くな演技を見せ、最終的にはお客さんの一人をステージに連れて行き、“新規お一人入りましたぁ~!”ということもやってのけました。新規のお客さんを連れてきたことにちょっとした不満が出てしまったお二人の前に、リーダーが下手側入り口から登場。お客さんに構いつつも「15の夜」を熱唱しながらステージへと向かいます。その後、遂に洋ちゃんが登場し、「君は薔薇より美しい」を熱唱しつつステージへ向かい、歌をビシッ!と締めました。

NACSさん5人がステージに登壇すると、洋ちゃんが4人の登場の仕方を次々といじり始めます。いじり終わるとNACSさん5人でCDJ以来4年ぶりとなる「捻挫した君」の生歌を披露。1番はステージで歌い、間奏に入ると5人がステージから降りて客席を歩いていきます。(ちなみに私はその際にシゲちゃんが超至近距離に来て、握手することができました) 2番が終わり、ステージに戻っていく時には最後のサビの振りに間に合ったのはシゲちゃんだけで、ノープランで歩いていた琢ちゃんは最後に戻ってきていました。


~総支配人登場&シャンパンコール~

此処でまだ登場していないミスターを呼ぶことに。すると下手側入り口からミスターが亜樹ちゃんを連れて登場。直前まで映画の撮影絡みの電話に応対していたらしいとのこと。

後ろに整然と並べられていたグラスの山に大下君と飯野君がシャンパンを注いでいき、そこから乾杯へ。使用したシャンパングラスは今回の為に作った物で、ファンの方々へは今回の限定グッズとして贈呈されました。更に洋ちゃんがこのグラスには名前が入っている、とホラを吹いて“うそし~”というとタレント全員総ツッコミ。

乾杯にあたってシャンパンコールをオクラホマ・大下君・飯野君の先導で行っていったのですが、途中から“離れ目!離れ目!”、“残念!残念!”、“暗い!暗い!”とかけ声が変わっていき、途中でNACSさんが“それは悪口だろ!!”とツッコミを入れられるものの、始めからやり直して乾杯をしました。

ちなみに上記の後出たかけ声は“顔デカ!顔デカ!”、“もじゃもじゃ!もじゃもじゃ!”、“唇!唇!”と続きました。


~フリートーク&質問コーナー~

此処からはCDJ2008の思い出話へ。

・ミスターが構想した今回のCDJ2008、何故「尻の穴」という名前がついたのかというと、「タイガーマスク」の「虎の穴」をもじったとのこと。
・洋ちゃんや女子部、シゲちゃんが歌っている中バックで踊っていることが多かったオクラホマ、ダンス練習やら衣装替えやらメイク替えやらでかなり大変だった。
・CDJ恒例のジャンボリー体操はリハーサル一切無しのぶっつけ本番で、もはやレッスンするよりも最初から歌っている様子を見ていることが多くなった。(リーダーの話より)
・切れ痔をもじったKILLER-Zという役で登場したシゲちゃん、稽古の段階からシャツとパンツ一丁で衣装を想定し、「北斗の拳」のラオウっぽくして欲しいと言った上に本物の馬にまたがって登場したいという要望が出たものの、馬の方はスタッフさんが中に入ったモノになった。アドリブで二人を倒すシーンではやりたい放題だったと顕さん&琢ちゃんからぼやかれていました。
・後日スカパーでのオンエアを見た顕さん、KILLER-Z登場後にパンツを引っ張って「絆」という字を出した所を見た時、ケツ毛あるなぁ…と思っていたそうです。


お次は客席からの質問タイムに。後輩組4人が実際に客席へ向かい、質問する人を選んでいきます。

・シゲちゃんへ→「結婚するとしたらどんな人がいいですか?」
その話を切り出されて始めは焦りましたが、“自分についてこられる人が良い”とちゃんと回答していました。

・シゲちゃんへ→「質問じゃないけど、ちょっと辛いことがあったので励まして欲しい」
新たなパターンが飛び出したものの、そのお客さんはステージに上げられて励まされていました。ちなみにその方は手稲出身でシゲちゃんと地元トークを繰り広げるという一幕も。

・洋ちゃんへ→「江別市で一番好きな場所は何処ですか?」
そのお客さんは指名されると歓喜のあまり涙を流し、上手く言えない状況が5分ほど続いた後上手く質問を言うことが出来ました。回答としては小さい頃に遊んだ高町公園と出身小学校である大麻東小学校とのことでした。


~プレゼント抽選会~

今回プレゼントされたのは…

・NACSメンバー全員のサイン入りCDJ2008店頭用ポスター(3名)
・CUEタレント全員のサイン入りCDJ2008で実際に使用したフラッグ(1名)
・洋ちゃんのサイン入りPOs-Ca店頭用ポスター(1名)
・ホスト仕様の男性陣が写っているプリクラ(1名)
・好きなタレントとツーショットフォトセッション(3名)


~フォトセッション~

メインステージと会場の隅っこ4箇所・メインステージ反対側でフォトセッションが行われました。


~最後のご挨拶~

フォトセッションが終わり、最後のご挨拶へ。
飯野君からは今度の「TOKYO GEKIDAN FES ’08」でイナダ組を卒業・来年から「素晴らしい世界」で脚本に挑戦するという報告があり、藤尾君は途中から声が小さくなっていき河野君に“声小さい!”とツッコまれ、河野君からは来年からモバCUEでラジオ配信が決定したという情報が発表され、琢ちゃんからは来年のNACS新作公演終了後に行われる地球ゴージャスの舞台に出演が決定したことが発表、シゲちゃんからは来年からCUE公式サイトにて「も日記」と同じ様な感じの独立した日記「戸次式」を書いていくこと&今年「ガマザリ」でお世話になったG2の舞台に出演が決定したことが発表、リーダーからは「N43°」劇場上映決定の報告と予告編VTRが上映(「部屋クリーン」と「ヤスダッタ3D」が流れるとお客さん大爆笑)、洋ちゃんからは“来年から半年間ロンドンで演劇修行をする”という明らかにリアルさが混ざった嘘報告だったものの、リーダーから“舞台あるぞ”とツッコミを入れられていました。

最後はCDJ2008新曲の中からリーダーが作詞作曲を務めた「アルバム」を全員で歌ってイベントの最後を飾りました。


~ハイタッチでお見送り~

帰りはファンミ恒例のハイタッチ。スタッフの指示の元で規制退場が行われていったのですが、私の座っていた所は出口に近かったためタレントの皆さんが近くで見られて、ミスターが“待っていてね”と気遣って声をかけてくれました。

真ん中ら辺だったため10分ぐらい待たされた後ようやく規制退場の指示がかかり、ハイタッチへ。リーダーには「モリステ」リスナーとしてお世話になっていること、顕さんには一日早いけど誕生日おめでとうということ、シゲちゃんにはコリコリ君の頃からずっと応援していますということ、洋ちゃんには脚本頑張ってということ、琢ちゃんには舞台頑張ってということ、藤尾君には「一番ダメな「ふ」」※で居続けて下さい(笑)…など全員に一声かけていき会場を後にしました。

※「モリステ」かるた大会で7割以上の票を獲得して認定されたようです(笑)


************************


今回が2年ぶり・2度目のファンミでしたが、前回よりも演出面では非常に充実していてこれぞファンクラブ限定イベントならでは!というカラーが非常に強かった反面、フリートークではもう少し今年を振り返る話をしてほしかったという事も何となく思いました。

札幌で開催することに関しては決して変えることなく、来年以降も是非続けて頂きたいという願いを抱きつつ、レポを締めさせて頂きます。

ご案内

インフォメーション

このブログは更新を終了して新しいブログへお引っ越ししました。お引っ越し先へはコチラからどうぞ!!

プロフィール

みるくてぃ

  • Author:みるくてぃ

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。