I believe …

ブログ「North Stage」の過去ログ置き場ですが、上演中の舞台のネタバレレポを置くこともあります・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CUE×PARCO SUMMER EXPO」~CUE’s GARDEN レポ

2006年8月4日~20日に行われた「CUE×PARCO SUMMER EXPO」~CUE’s GARDEN、14日と15日に行われたイベントのレポです。

◆8月14日 18時~ 「社長室~President's Room」◆



ステージ上には机とソファが置いてあって社長室を再現しているかのような雰囲気。


始めにミスター一人だけが登場。軽く自己紹介をした後、早速ゲストを呼びました。その時「What’s 真池龍?」が流れ観客が騒然となり“まさか…洋ちゃん?!”と思っていたらその通り、この日のゲストは洋ちゃんでした。

登場してすぐ洋ちゃんが“今日誰が来ると思っていた?”という質問を観客にぶつけましたが、勿論私はシゲちゃんに一票。結果としては票が見事5つに割れました。更に洋ちゃん、“僕よりしげに来て欲しかった人”と質問し、観客の半数が手を挙げている様子を見て“何だよぉ~…”とぼやいていました(笑)

ジンギスカンを食べながらイベントに参加している家族連れを見て、“お父さんは僕のトークよりも肉の焼き具合の方が気になっているんじゃないかい?”と一言。


立ち話もそこそこに、椅子に腰掛けて最近の近況報告。半年以上道外の仕事をこなしていたけど、今は札幌に戻っていて“街に出れば僕に会える”ほどとのこと。そして「どうでしょう」新作ロケが近いという事や秋に放送延期となった「東京タワー」の撮り直しがあるということも話してくれました。

洋ちゃんは「どうでしょう」新作ロケがアフリカなんじゃないか?!と心配しているそうで(笑) 「東京タワー」撮り直しで再度役作りを迫られているということで、日焼けは絶対したくないとのこと。その為“「どうでしょう」新作ロケは焼けない所ですか?と藤村Dに質問したところ“それすらも言えない”とあっさり返されたみたいで。実は洋ちゃんのマネージャーすらもロケ地を知らないみたいで、マネージャーがミスターにその質問をしても答えは教えてくれませんでした。

「鬼太郎」の話では、副社が洋ちゃんに出演話を持ちかけるときどうも口ごもっていて、役が何なのかと尋ねるととまどいつつ“ねずみ男だよ…”と告げられたようで。「東京タワー」や「釣りバカ」のロケ先では共演者の方々に“似合っている”みたいな事を散々言われまくっていたそうです(^^;)


一曲挟むということで「本日のスープ」が流れました。歌の合間にはこの歌を作ったとき「銀のエンゼル」撮影などで忙しかった時期だったという事、2番の歌詞は「ハナタレ」沖縄ロケ中に書いたという事、「Mステ」出演の時控え室には暖房がかかっていたにもかかわらず洋ちゃんはダウンを着ていたということや、事務所には放送直後すごい数の問い合わせが来ていたということを話してくれました。

しかし最近は露出が多くなったせいかその問い合わせや感想も減り、お褒めの言葉よりもダメだしの方が増え、さらには“北海道を捨てた”とか言われるようになったとぼやいていました。

東京のお仕事の緊張感を和らげる意味でも道内の仕事は息抜きになっているようですが、「ハナタレ」は酷いそうで…。「東京タワー」クランクアップ後に「ハナタレ」ロケに参加したところ、余りのギャップの大きさに凹み、“あれは夢だったんだ…”と落胆。前者では主演ということで鄭重なおもてなしをされていたのに対して、後者では面白い扮装をした他のメンバーに“早く着替えなさいよ”と言われたり、プロデューサーが箱馬を椅子にしてご飯を食べているという様子が…。

HTBで藤村Dと会うとどうも会った途端に喧嘩腰になり、いきなり相撲をとる体勢にもなるそうで(笑) また、洋ちゃんがどうでしょう班の一番若手ということで“将来はあの3人を介護することになるかも”と。


ここでCDJ2006のCDから「ハナ~僕とじいちゃんと」を挟んで最後の枠。ジャンボリーの稽古はNACSの舞台と違ってかなりのびのびとしている様子。セリフが決まっていなくて本番までのお楽しみという部分も幾つかあるそうです。去年のジャンボリーでは洋ちゃんのお父さんが来ていて、アイドルNACS登場時に洋ちゃんがそれに気がつき歌では終始うつむき加減で踊って、後でお父さんにそれを言及すると“面白かったから、今度は妻も連れてくる”と言い出してたじたじだったとのこと。


最後の話は今後の活動について。今までは実力を出して出してであったけど今度は逆に実力を取り込んでいくことをメインにやっていくと話していました。北海道を離れて仕事をしている内に地元への愛着心が一層沸き、“北海道を捨てた”ということを真っ向から否定。これについてミスターはもし「どうでしょう」が無かったら恐らく今のようにならなかったんじゃないか?とのこと。また、前々から言っている“北海道でNACS5人出演のドラマがやりたい”ということも熱く語っていました。


これにてこの日の社長室は終了しました。




◆8月14日20時~ 「月光グリーン 屋上ライブ@PARCO」◆



演奏曲順は以下の通りです。
「それでも生きる道はあるさ」→「蛮勇根性」→「人間なんだ」→10月発売のアルバム収録曲→「快刀乱麻を断つ」

このイベントにて初めて彼らの演奏を生で聞きましたが、とにかく1曲1曲に全力を注いでいて熱気が伝わってきました。MCは短めで次々と楽曲を披露する形でした。

ファンからアンコールの声が聞かれましたが、全力で演奏して疲れていたのと時間の関係か、ご挨拶だけでした。




◆8月15日18時~ 「社長室~President’s Room」



昨日同様軽くご挨拶をした後、この日行われた駒大苫小牧の試合についての話が。試合が気になって結局出社したのは予定よりもかなり遅くなったそうで(笑)

この日のゲストは琢ちゃんで、「月の裏で」をBGMに登場しました。登場するなり昨日の洋ちゃん同様“しげが良かったんでしょ~?”と言っていました。(←ぶっちゃけそうでした…)


まずは舞台「しあわせのつぼ」の話に。稽古をしていて安心することが“共演者がよくセリフを噛む”ということ。自分は共演者の方々と比較するとそんなに経験を重ねていないので心配していたそうですが、この状況に安心したとのこと。この流れで、NACSではリーダーがよくセリフミスをしていて、「ESCAPER」ではセリフが3ページ飛び、「LOOSER」では後半の場面で“京都守護職、新撰組である!”と言うはずだったセリフが“京都守護職、…近藤勇だ!”となってしまったという舞台の裏話もしてくれました。


ジャンボリーの話では琢ちゃん演じる後藤利喜男の新曲について、“これで全国進出してみたい”と言ったところ、ミスターが「Mステ」に出る様子を妄想して“絶対カメラ目線で話す”とか“次はない”とダメだしをしていました(笑) 舞台公演中のジャンボリーの稽古では、琢ちゃんの部分を代役でやっていたところ洋ちゃんがその人の演技にダメだししまくっていたという話がありました。

今後の目標は?というミスターの質問に対して、CUE展のVTRで“石油王になりたい”と言っていた琢ちゃんは、舞台「しあわせのつぼ」で共演している山路和弘さんのように舞台等で名脇役としての地位を固めたいと語っていました。


ここで「Samba de(略)」を挟んで、最後はプライベートについての話へ。バイクでの旅の話ではミスターから“牛障害とかスコールとか着替えとかあるし…”“工事現場でウィリーする”“だるまを積む”などと「どうでしょう」原付の旅をネタにしてつっこんでいました。旅の道中何か恋なんてあった?とミスターが尋ねると、それは無かった代わりに姫路でおばちゃん方から絡まれたそうです。ちなみに、東京まで行った後の帰りは本人が空輸・バイクは船で輸送する形をとったということで。

最近道外の仕事があるたびに飼い猫の裕次郎を預けることがあり、自分の手元に帰ってくると預かっている人があげている餌が良い物なのか太って戻ってくるそうで…。また、裕次郎の年齢が人間に換算すると60歳以上の高齢の為、他人に預かっている最中に亡くなったらどうしよう…という事が最近の心配事。ミスターが“逆の立場はよく分かる”と言うと、琢ちゃんが“あれ? それって副社に飼われているってこと?”と痛い返答にミスターたじたじのご様子。どうやらペットを預かる立場なら分かるということが言いたかったそうです。


挨拶もそこそこに、これにて終了しました。




◆8月15日20時~ 「まんぴん大爆show(笑)!」◆



「まんぴん2006~船出の頃」で使用されたオープニングVTRが流れてイベントスタート。3人が登場するやいなや、藤尾君が早速駒大苫小牧の勝利に対する雄叫びを上げて大盛り上がりでしたが、一人暴走しまくる藤尾君を河野君は激しく止めようとしていました。

ようやく藤尾君の暴走が止まったところで3人の自己紹介。この時大下君がその場で十八番であるシュール更家のネタを披露しましたが、ラジオ体操ネタで笑いが薄かったとき、“本当ならもう少し笑いが取れる”と苦々しく吐露。もう一つ新ネタも披露したもののこれも微妙でした(苦笑)


最初はまんぴんブログのコーナー「まんぴん大喜利」でこの日のお題は「この夏の主役になるための3要素」。ネットで募集した人に加えて今回はビアガーデン会場のお客さんの回答を見ていって面白いと思ったネタを探す企画でした。このブログを管理しているとよしーさんが登場すると、観客からは“かっこいい~”と歓声が聞こえて3人はちょっぴり嫉妬(^^;) 私は投稿せず読むだけだったのですが、あの3人に負けずとも劣らない面白い投稿がありました。

このコーナーが終わってとよしーさんが撤収しようとしている最中河野君が話しかけると、睨んできてそれに河野君が反論すると観客からまたしても“かっこいい~”と歓声が上がってとよしーさんはニヤリ。撤収後に“あいつ、睨むか笑うかどっちかだけでしょ?!”と河野君が一言。


まんぴん高校では3人とも上だけ制服を着用していましたが、大下君は下の部分がシュール更家の格好で来たものだから何気に変態でした(爆)

今回はCDJ2006の新曲「Daydreamer」が大音量でかかっているヘッドホンを耳にかけて周りの音を遮断した上で、口の動きを読んで歌の続きを歌うという課題。外すと、お笑いの王道ゴムパッチンという痛い罰ゲームがご用意されていました…!

河野君・大下君と挑戦したもののあえなく不正解。ゴムパッチンの洗礼を受けて河野君はメガネを飛ばすわ、大下君は目に当たりそうになるわでかなりきつい様子…。

3番目に藤尾君が挑戦することになりましたが、お題は何と「運命」。今回はNACSの舞台「COMPOSER」でやっていた“もじゃもじゃ~♪”を会場のお客さんが歌ってそれを藤尾君に当ててもらうことに。会場が藤尾君に期待して歌ったものの分からず藤尾君が“もう一回”とお願いしたのですが結局不正解…。観客からは“え~!”と言われまくったあげく、“クビ!”と言われる始末…。勿論ゴムパッチンの洗礼は受けましたが、当たったときに“気持ちええわ”と言っていました(苦笑)


この後はビンゴ大会で盛り上がりましたが、当選した人の中に大下君出演の情報番組「ユメイロ」のスタッフが紛れ込んでいて、その人は酔っていたせいか大下君に対して毒づくという場面がありました(笑)

私はいい線までいったものの、結局ビンゴにはなりませんでした。


景品が一通り出たところで最後の挨拶。各自が持っているCMのフレーズ(?)の最後を観客に叫んでもらうというパフォーマンスが。

ここで藤尾君が観客から“可愛い”とたくさん言われて“一生分の可愛いをありがと~う”と言うと、河野君が“死んでもいいでしょ?”と返答、観客は“殺さないで”と嘆願。これに河野君は“別に殺すつもりで言った訳はないですから”と反論しました。


そんなこんなで大爆笑の1時間でしたv

ご案内

インフォメーション

このブログは更新を終了して新しいブログへお引っ越ししました。お引っ越し先へはコチラからどうぞ!!

プロフィール

みるくてぃ

  • Author:みるくてぃ

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。